レーザータイプの家庭用脱毛器の特徴を説明します。 家庭で使うレーザー照射機は、医療レーザー脱毛には及びませんが、エステティックサロン脱毛並みの脱毛力の高さがあるということが特徴です。 産毛の脱毛には向いていませんが、ピンポイントでこの箇所の脱毛をしたいという方には、とても向いている脱毛器だと言えます。 ただ、照射範囲が狭いので、ピンポイントでの脱毛には向いている反面、広範囲で一気に脱毛したいという人には向いていないとも言えるでしょう。 それに、レーザータイプの場合、その脱毛器の種類にもよりますが、レーザー照射のレベルによって痛みがある場合もあります。 当然、痛みの度合いは人それぞれだとも言えますので、かなり痛みを感じてしまう人もいれば、痛みをほどんど感じない人もいるようです。 痛みを強く感じる人は、無理せずにレベルを落として照射をすることをお勧めします。 このようなことからも、照射レベルを調整できるレーザー脱毛器で脱毛をするほうが安心して脱毛ができるでしょう。